記事一覧

【 米国に1両だけ渡ったチェコ製車輛「タトラT6C5」形 - 米国ニューオーリンズの路面電車 】 湘南モノレール”全線”開業50周年まであと311日!

ニューオーリンズ地方交通局の「タトラT6C5」

写真は、米国ニューオーリンズの路面電車にて、1両だけ存在していたチェコ製の車輛「タトラT6C5」形。営業運転を開始した直後に、たまたま見つけた時の写真です。昔の小田急ロマンスカーSE車のような塗色の車体で、まだ集電装置にトロリーポールを使用している姿です。

『タトラ社の路面電車』の情報はこちら。(鉄道コムサイト)

レトロな車輛ばかりのニューオーリンズの路面電車で、1両だけ近代的な車輛が走っていた時期がありました。湘南モノレールで開業当時の300形の中で近未来的な400形が走り出した頃と同じような光景でした。

「タトラT6C5」は、かつてチェコのプラハにあったČKDタトラ社が、1998年に製造した路面電車車両。単行運転が可能な両運転台車両で、米国ニューオーリンズ地方交通局からの注文を受けて製造されたタイプです。西側の代表国のような米国がチェコに鉄道車両を発注した珍しいケースです。

本車輛は、制御方式にサイリスタチョッパ制御が導入され、両側面の右側と中央部に乗降扉を設置、運転台上部には空調装置が搭載されています。全長は14,700mm、全幅は2,500mmです。

旧ソ連で数多く活躍した路面電車、タトラT6系のT6A5を基にしながらも、冷房装備や両運転台など独自の仕様となっていました。1998年の製造後、ニューオーリンズでデモンストレーション走行を兼ねた試験運転が行われてましたが、、製造元のČKDタトラがロシアをはじめとした共産圏での営業縮小の影響による経営状態悪化により破綻し、本車輛の導入計画はキャンセルされ、2001年にチェコ・プラハに返却されました。返却後、本車輛は2003年からは改軌、および集電装置をトロリーポールからシングルアームパンタグラフに換装の上、ドイツのシュトラウスベルク鉄道で使用されています。ČKDタトラは後日、独シーメンス社に買収されました。

大ダメージを受けたハリケーン・カトリーナ後のニューオーリンズでは現在、レトロな車輛が更新改造を受けたり、日本の山口線のSL用客車のようなレトロ車輛を模したレプリカ車輛が数多く活躍しています。レプリカ車輛の中には外観はレトロなままで、冷房装置を搭載した車輛もあります。タトラT6C5のような新型車両も良いのですが、南欧の雰囲気を醸し出すニューオーリンズには、レトロな雰囲気の車輛が似合うのでしょうね。


【 『模型鉄向けの鉄道イベント情報』 の情報 ~tetsudo.com~】

【 『珍しい車両運用など、鉄道ファンの話題になった鉄道車両トピックス』 の情報 ~tetsudo.com~】

【 新しく投稿された 鉄道イベント写真 ~tetsudo.com~】

【 鉄道イベント情報 おすすめ人数ランキング ~tetsudo.com~】

【 今後の鉄道イベント情報 ~tetsudo.com~】
日 付 鉄 道 イ べ ン ト
27日(木)
::::::::::::::
28日(金)
::::::::::::::
29日(土)
::::::::::::::
30日(日)
::::::::::::::
31日(月)
::::::::::::::
1日(火)
::::::::::::::
2日(水)
  • - - - - - - - - - - 
    ::::::::::::::
    3日(木)
    ::::::::::::::
    4日(金)
    ::::::::::::::
    5日(土)
    ::::::::::::::

    日にち未定のイベント


    8月25日以前からの継続イベント


    鉄道コムに戻る ↓

    鉄道コム



    【 湘南モノレール関連のイベント情報 ~tetsudo.com~】
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    shonanmonorail

    Author:shonanmonorail
    最近、湘南モノレール開業の頃の情報収集に興味を持っています。よろしくお願いいたします。

    最新コメント