記事一覧

【 溶接時の熱歪除去の苦労が判る、サロE234 1000番台の妻面 】 湘南モノレール”全線”開業50周年まであと326日!

サロE234 1000番台の妻面

普段、ステンレス車輛の妻面を見る機会はあまりないのですが、8月6日に実施されたE235系1000番台グリーン車の甲種輸送の際には、最後尾のサロE234 1000番台の妻面を見る機会がありました。

輸送時、サロE234 1000番台の妻面は渡り板が上げられ、貫通路は、かつて飯田線の80系の増結用編成のモハ80に取り付けられていた貫通路塞ぎ板のようなカバーが、貫通渡り板を包む形で取り付けられていました。

印象的だったのは、妻面表面のビードのない表面。溶接後にできた数多くの歪が、そのままの状態となっており、凹凸がかなり目立ちます。もちろん、甲種輸送時以外はこの妻面が外部にあらわになることはないので、何も問題はないのですが、普段、総合車両製作所製の美しいsustina車輛を見慣れていると、この凹凸には少し違和感を覚えます。

ステンレス車輛の製作において、溶接時の歪の問題がどれだけ大きな問題であるのかが実感できる、良い機会でした。

妻面には、2020-11の数字も見えます。この車輛が組み込まれる編成の出場は今年11月なのでしょうか。再び、この車輛たちが首都圏に帰ってくる時が楽しみです。


【 『模型鉄向けの鉄道イベント情報』 の情報 ~tetsudo.com~】

【 『珍しい車両運用など、鉄道ファンの話題になった鉄道車両トピックス』 の情報 ~tetsudo.com~】

【 新しく投稿された 鉄道イベント写真 ~tetsudo.com~】

【 鉄道イベント情報 おすすめ人数ランキング ~tetsudo.com~】

【 今後の鉄道イベント情報 ~tetsudo.com~】
日 付 鉄 道 イ べ ン ト
12日(水)
::::::::::::::
13日(木)
::::::::::::::
14日(金)
::::::::::::::
15日(土)
::::::::::::::
16日(日)
::::::::::::::
17日(月)
::::::::::::::
18日(火)
::::::::::::::
19日(水)
  • - - - - - - - - - - 
    ::::::::::::::
    20日(木)
    ::::::::::::::


    日にち未定のイベント


    8月5日以前からの継続イベント


    鉄道コムに戻る ↓

    鉄道コム



    【 湘南モノレール関連のイベント情報 ~tetsudo.com~】
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    shonanmonorail

    Author:shonanmonorail
    最近、湘南モノレール開業の頃の情報収集に興味を持っています。よろしくお願いいたします。

    最新コメント